更新日:2014年04月28日

くりから夢街道ウォーク 加賀VS越中 源平大綱引き合戦

歴史国道イベント「くりから夢街道ウォーク 加賀VS越中 源平大綱引き合戦」が4月26日、倶利伽羅峠猿ヶ馬場を主会場に開催されました。

大河ドラマ誘致に向けて、日頃は手を取り合う津幡町と小矢部市ですが、この日は津幡・平維盛軍と小矢部・木曽義仲軍の両軍に分かれ、総勢200人が、直径12センチ、長さ120メートルの大綱を引き合いました。

小矢部・木曽義仲軍が勝利し、津幡の通算成績は4勝5敗となりました。

続いて参加者は加賀、越中方向に分かれて両市町の「倶利伽羅源平の郷」まで約5キロ、新緑まぶしい街道を散策しました。