更新日:2014年06月19日

井上小学校・歯科衛生士による保健指導

6月の「歯と口の健康週間」にちなんで、井上小学校5年生を対象とした「歯科衛生士による保健指導」(石川県歯科医師会)が、6月13日に行われました。お菓子を使って歯の汚れを確かめたり、唾液の役割や噛むことの大切さを学びました。歯・口の健康づくりは、毎日の生活習慣が基本です。自分自身が「できる」ことから取り組み、継続していくことが歯・口の健康づくりにつながります。大人になっても自分の歯・口の健康意識を維持するため、ご家庭でも継続して行える歯・口の健康づくりについて考えてみませんか?

関連リンク