更新日:2015年09月17日

津幡町出身 レスリング川井選手オリンピックへ

先日、9月10日に米ラスベガスで行われたレスリング世界選手権の女子63キロ級で、津幡町出身で津幡中学校OGの川井梨紗子さん(現 至学館大学3年)が第2位となり、銀メダルを獲得しました。

大会では1回戦で昨年王者を破り、準決勝ではわずか45秒でフォール勝ち、決勝ではロンドンオリンピックで銅メダルを獲得したモンゴルの選手にフォール負けしてしまいましたが、今回の世界選手権で2位となったため、12月に行われる全日本選手権に出場すれば、規定によりリオデジャネイロオリンピック代表に内定することとなりました。

9月17日(木)に上記の結果を矢田町長へ報告に来ていただきました。
たくさんの報道陣も駆けつける中、世界選手権に出場経験のある母、初江さんも同席し、世界選手権2位とオリンピック出場の事実上決定の喜びを報告していました。
川井選手はオリンピックまでに再度身体を鍛え、本戦に臨みたいと決意を新たにしていました。
町のために書いていただいた色紙には「何事も一日にして成らず。」という言葉が書かれていました。

川井選手のリオデジャネイロオリンピックでのメダル獲得のため、ぜひ津幡町一丸となって応援しましょう!