更新日:2016年12月13日

津幡町人権講演会

12月7日(水)に役場大会議室にて津幡町人権講演会を開催しました。
本講演会は12月4日から10日までの人権週間の期間中、町民の方々に人権に関する理解を深めてもらうために毎年実施しています。
今年度は、祖父の代から続く金沢九谷の陶芸家である戸出克彦(といでかつひこ)さんを講師にお迎えし、約40名の方が参加しました。
「陶芸三代・もうすぐ100年」と題し、陶芸家の家に生まれ育った環境や父からの教えについて、振り返って講演を行いました。
戸出さんは「父から陶芸を継ぐよう言われたわけではなく、自分がやりたいと思ったことをやっている」と、素直な気持ちで生きることの大切さを語り、祖父、父、自分、三代の作品の特徴を紹介しました。
この講演会の様子は、平成29年1月16日に町ケーブルテレビ「つばたホットライン」で放送予定です。