更新日:2018年12月13日

津幡町人権講演会

12月6日(木)に役場大会議室にて、津幡町人権講演会「人間の人~人間として生きるとは~」を開催し、約50名の方が参加しました。
本講演会は12月4日から10日までの人権週間の期間中、町民の方々に人権に関する理解を深めてもらうために毎年実施しています。
今年度は、東本願寺の教導や、教誨師も務められた徳満寺(志賀町)の前住職である日野尚法(ひのたかのり)さんを講師にお迎えし、釈迦の教えや時事問題、自身の経験談から人権について語っていただきました。
日野さんは、人は一人では生きられず、人と人が関わることで人間が成される。また、人は自然と他者より優位に立とうとするが、それが知らぬ間に相手を傷つけてしまったり、差別につながったりするため、自分の在り方を見つめ直し、痛みを感じることが大切であると述べられました。