更新日:2018年12月17日

津幡町源平歌合戦2018が開催されました

  津幡町源平歌合戦2018が、12月16日(日)に文化会館シグナスで開催されました。
この公演は、大河ドラマ誘致推進の機運を高めるために今年初めて開催したものです。事前にオーディションで合格した町民29組が平家軍(紅組・女性)、源氏軍(白組・男性)に分かれて「歌」で競いました。
  公演では、それぞれの応援団として町と包括連携協定を結んでいる「よしもと」の芸人のおばたのお兄さん、かつみ・さゆりさん、フースーヤさん、マテンロウさん、テンプルカントリー(津幡町出身)さんが登場。司会はぶんぶんボウルのお二人が務め、会場を盛り上げました。このほか刈安小学校児童の皆さんには、倶利伽羅峠の戦いを題材にした劇と歌、ゲスト歌手の池田聡さんには、歌を披露していただきました。
  ラストには、審査委員長の池田聡さんから審査結果が発表され、平家軍(紅組)3,704点、源氏軍(白組)3,670点で、平家軍が見事勝利を納めました。