更新日:2016年01月25日

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは?

  社会保障、税、災害対策の行政手続きの効率化や利便性の向上を目的として、住民票を有する全ての方に12桁のマイナンバー(個人番号)が付番されました。

3つのメリット

1.公平・公正な社会の実現

  所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細やかな支援を行うことができます。  

2.国民の利便性の向上

  添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ることができます。

3.行政の効率化

  行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されます。

マイナンバーはどんなときに必要?

  • 学生は・・・アルバイト先への提出や奨学金の申請の手続きで
  • 仕事で・・・源泉徴収票の作成や健康保険・年金の手続きで
  • 子育てで・・・児童手当や出産育児一時金の手続きで
  • 退職後・・・福祉や介護、年金の手続きで

平成27年10月以降、住民票の住所にマイナンバー(個人番号)の通知カードが送られています

通知カードは、社会保障・税関係の手続きの際に持参して、番号確認に使用できます。(本人確認には別途運転免許証などの身分証明書が必要です。)

通知カードは大切に保管してください。(※写真付きのマイナンバーカードの交付を受ける際に返納していただきます。)

通知カードについて詳しくはこちら

マイナンバー(個人番号)カードとは?

  「12桁のマイナンバー(個人番号)」が記載された、セキュリティの高い(不正アクセス防止)機能を備えたプラスチック製のICカードで、本人の申請により交付されます。(初回無料・申請は任意です。) 

  カード表面には氏名・住所・生年月日・性別・顔写真、裏面にマイナンバーが記載されます。

      マイナンバーカードはこんなことに利用できます
    • このカード1枚でマイナンバーの提示と本人確認ができます。
    • 公的な身分証明書として利用できます。
    • 公的個人認証サービスの電子証明書が標準的に搭載され、電子申請等に利用できます。
    • コンビニ交付サービスを利用できます。 

マイナンバーカードについて詳しくはこちら

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください。

詳細はこちら

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178(無料)

平日   9時30分から20時

土日祝  9時30分から17時30分

(年末年始  12月29日~1月3日を除く。)

マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受付しています。

関連リンク

お問い合わせ
町民課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2124 FAX 076-288-4354
メール choumin@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム