更新日:2017年06月26日

児童科学クラブ教室
6月24日(土)第1回児童科学クラブ教室(3・4年生)が、津幡町まちなか科学館にて開催されました。
今回は、ふれあい昆虫館の石川卓弥先生から、『昆虫』についていろいろ学びました。
オオゴマダラの幼虫やさなぎ、バッタ、コミズムシ、シロアリなどの観察・実験を6グループに分かれておこないました。
最初、虫にさわれない児童もいましたが、石川先生の分かりやすく面白い虫の説明に、最後には虫にさわれるようになった児童もおり、楽しく学びました。  
石川先生から、「なぜ、さなぎは見た目を気持ち悪くしているか?」「バッタが鳴くのはなぜか?」など、昆虫のいろいろなおもしろい話を聞いたり、さまざまな質問に答えてもらい楽しく学びました。
なかなか見ることができないシロアリの実験では、ボールペン・鉛筆・サインペンのどれに反応するかの実験をしました。

参加者(29年度児童科学クラブ員)

科学に興味のある、町内在住の小学3年生から6年生までの児童

◎小学3・4年生教室:18名

◎小学5・6年生教室:18名

会場

まちなか科学館

29年度の活動内容(予定)は下記関連ファイルの「29年度活動予定表」をご覧ください。

     
関連ファイル

お問い合わせ
教育総務課
住所 〒929-0342  石川県河北郡津幡町北中条3丁目1番地
TEL 076-288-8508 FAX 076-288-6436
メール kyouikusoumu@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム