更新日:2019年03月14日

道路の維持管理について

安全・安心な道路環境を維持するため、定期的なパトロールにより、道路施設の安全管理を行っています。異常箇所を早期に発見・補修し、道路を良好な状態に保つよう努めています。

道路の異常を発見した場合

道路の陥没、側溝やガードレールの破損など、道路施設の異常を発見した場合は、お手数ですが、下記までご連絡をお願いします。


橋やトンネルの管理について

日本には70万橋程度の2m以上の橋があり、それらは着実に老朽化が進んでいます。またトンネルにおいては、平成24年12月に中央自動車道笹子トンネルで天井板が落下するという重大な事故が発生しました。道路を構成する大規模施設である橋やトンネルにおいて、その老朽化対策が喫緊の課題となっている現状です。津幡町では、174橋の橋と1本のトンネルを管理していますが(平成31年3月現在)、同様にその多くは老朽化が進行しています。道路を利用される皆さまの安全を確保するため、定期的な点検と適切な補修を実施し、道路交通の安全確保を図っていきます。

定期点検

橋やトンネルの現状を把握するとともに、措置や補修の必要性を判断するため、橋やトンネルの定期点検を行っています。点検は、道路法に基づき道路を良好に維持するために実施するものであり、必要な知識や技能を有する者により5年に1回の頻度で行います。

橋の定期点検実施状況
  • 平成27年度  1橋  点検実施
  • 平成28年度  74橋  点検実施
  • 平成29年度  73橋  点検実施
  • 平成30年度  26橋  点検実施
トンネルの定期点検状況
  • 平成30年度  1本 点検実施


長寿命化修繕計画

著しい損傷により橋やトンネルに通行止めなどの交通規制が生じると、道路ネットワークに大きな弊害がおよびます。また施設の更新(架替えや大規模補修)には莫大な費用が必要となります。そのため、津幡町では、橋やトンネルの安全性の確保と維持管理コストの縮減を図るため、『長寿命化修繕計画』を策定し、計画に基づく効率的な補修を行うことにより適切な維持管理に取り組んでいます。


関連ファイル

お問い合わせ
都市建設課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-6703 FAX 076-288-6470
メール toshikensetsu@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム