更新日:2018年10月01日

税について知ろう

租税教育

  国税庁では、次代を担う小・中・高校生のために以下のような目的で租税教育の充実に取り組んでいます。

  • 税の意義や役割を正しく理解してもらう。
  • 社会の構成員として税金の使い道に関心を持ってもらう。
  • 納税者として社会や国の在り方を主体的に考えられるようになってもらう。

  津幡町でも、町内の小学校を訪問して租税教室という出前授業を行っています。
  税についての○×クイズや、町の施設にいくら費用がかかっているか等の話を通して、子どもたちに「税金は意外と身近なものである」ということを感じ取ってもらおうと、工夫して租税教室を行っています。

租税教室クイズに挑戦!

租税教室で実際に出題された○×クイズに挑戦してみましょう!意外な発見があるかもしれません。

第1問 日本では、オリンピックでメダルをもらうと、日本オリンピック委員会から賞金がもらえますが、この賞金に税金はかからない。×

第2問 日本では、宝くじに当選して、たくさん賞金をもらったら税金がかかる。×

第3問 電柱は税金で建てられている。×

第4問 お年玉をたくさんもらうと、税金がかかる。×

第5問 小学生(公立学校)一人当たり、国や県や市町村が1年間で負担している教育費は80万円以上である。×


答えはこちら

租税教育については、石川県租税教育推進協議会(http://www.sosuikyou.jp/index.html)や国税庁の税の学習コーナー(http://www.nta.go.jp/taxes/kids/index.htm)もご参考にしてください。

町税の概要

町税の概要には、津幡町の概要や、税に関する状況・仕組み等が記載されています。
平成30年度  町税の概要


お問い合わせ
税務課
住所 〒929-0393  石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地
TEL 076-288-2123(税に関するお問い合わせ) 076-288-3081(納税に関するお問い合わせ) FAX 076-288-7935
メール zeimu@town.tsubata.lg.jp
お問い合わせフォーム