更新日:2018年06月12日

町長室へようこそ

ごあいさつ

  津幡町長の矢田富郎です。

  町民の皆様の温かいご理解を賜り、3期目の町政を担わせていただくことになりました。

  現在、日本は本格的な人口減少社会となっていますが、津幡町においては、町民の皆様に元気が生まれる取り組みを行ってまいりたいと考えております。引き続き、町民の皆様のお力添えをお願い申し上げます。

  さて、私の町長2期目に策定いたしました「第5次津幡町総合計画」は、今年度で推進3年目となります。この総合計画は、私の町政運営の基本となる考え方、「子の世代、孫の世代のためのまちづくり」、そして「心豊かに今を暮らすためのまちづくり」を具体化したものでございます。「体験型観光交流公園」「屋内温水プール」の整備をはじめ、「津幡駅東口」整備と「新駅」設置の推進、そして「定住促進」、「子育てしやすく働きやすい環境づくり」など、多くの取り組みを明記しております。科学教育の推進も実を結んできております。また、喫緊の取り組みとして「役場北側庁舎の建替え」も急がねばなりません。これらの取り組みを責任を持って実行していくことが、3期目の私に課された使命であると考えております。

  今後も「安全安心のまちづくり」「住んでよかったと実感できるまちづくり」に全力で取り組んでまいります。